Blog Image

スカンジナビアの南端より

小さなニュースや観光名所などをご紹介します


夏真っ盛り

その他 共通の話題など Posted on Jul 14, 2018 17:50:21

長い冬が開けたとたんに急に30度近くまで上がる気候に。5月は観測史上最も暑い5月となりました(観測が始まって129年間、これほど暑い5月は無かったそう)。

それ以来ずっとお天気が続いています。

毎年のように夏になるとお隣さんからいただく野菜。
近くに家庭菜園を持っていて、そこで色々な野菜を育てているそうです。

超巨大ズッキーニ、手のひら2倍分。
そして採れたて玉ねぎ。

すでにズッキーニ1本はケークサレとして消費。
できるだけ新鮮なうちに食べたいのですがどうやって調理するか思案中。まずはポタージュにでもして作り置きしようと思います。



おススメの本

その他 共通の話題など Posted on Apr 19, 2018 12:42:52

先月はここ30年のうち5つの指に入るぐらい寒かった、といわれていましたが、やっと春がやってきました。桜もこの通り開花し始めています。
今まで枝だけだった木も、芽吹き始めました。

ところで今日はおススメの本を。
マイケル・ブース著
限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?
コペンハーゲンに住むイギリス人ジャーナリストの目から見た北欧5か国の文化、慣習から政治に至るまで様々なポイントから書かれています。

著者の個人的な印象も交えての内容で、ジョークも交えながらなのでテンポよく読み進めることができました。翻訳者さんが優秀なせいもあるのかもしれません。

北欧に一度でも係わったことがある人にとっては「あるある!」と思わず膝を打つような部分が多いはず。北欧にいる外国人として困惑させられること、時にはイライラさせられることにも共感すること間違いなしです。

また一度も北欧に来たことがない人でも、近年「世界一幸福な国」として知られる国々がどんなところなのか、どんな人たちが住んでいるのか、本当に幸福なのか、読んでみる価値ありだと思います。



急な寒波

その他 共通の話題など Posted on Mar 04, 2018 17:28:23

あっという間にもう今年も3月に入りました。
年が明けてしばらくすると、寒さは変わりませんが、だんだんと日の長さが伸びてくるのが感じられるようになります。春先に咲く野花のつぼみも目にしたりしていたのですが、ここ2週間ほど突然の寒波に見舞われています。

海に近いマルメ、コペンハーゲンでは気温がそれほど落ち込むことは無いのですが、寒い日はマイナス10度ほどまで達しました。
そして先週ついに雪も降り始め、今はこの状態です。
雪が降るといつもの景色も全く違って見えます。
来週からまた気温がプラスに戻るそう。つかの間の雪景色となりそうです。



春の兆し

その他 共通の話題など Posted on Mar 17, 2017 12:14:17

ついこの間まで、寒い暗い寒い暗い・・・と憂鬱な日が続いていましたが
やっとお日様が顔を出すようになりました。

公園もこの通り!
今まで何度も通ったはずなのに、全く気が付きませんでした。
花たちはけなげに冬を越し、今年もちゃんと顔を出していたのでした。

まだまだ風は冷たいですが、この花(エランシス)を見ると春も近いな、と感じます。



いよいよ冬が…

その他 共通の話題など Posted on Oct 21, 2016 18:25:31

こちらではもうすっかり晩秋の様子。
お天気も崩れがち、気温も随分下がりました。
2週間前との比較です。

まもなく長い冬が始まりそうです。



イースター週

その他 共通の話題など Posted on Mar 24, 2016 18:58:34

今週は「受難週」。呼び方は「イースターの週」だったり「静かな週」だったり様々ですが、イースター直前の1週間で、デンマーク・スウェーデン両国とも学校はお休み。祝日は翌週月曜まで続くので、子供たちにとっては10日間の超大型連休です。

今日、イースター直前の木曜日は「聖木曜日」あるいは「洗足木曜日」と言われる日。イエスが最後の晩餐をした日、と言うと分かりやすいかもしれません。半祝日扱いの日で図書館など公共の施設が早く閉まったりします。そして明日金曜日は受難の日、言わずと知れたイエスが十字架にかけられた日で、その後復活した日、日曜日がイースターの日となります。金曜日から月曜日まで全日祝日、と言うわけです。

イースターに向けていろいろな伝統があることは以前少し書きましたが、今日は「羽飾り」について。
スウェーデンの街を歩くとカラフルな羽がくっついた枝に出くわします。店舗の前に飾ってあったり、公園の木に羽がくくり付けてあったり。

Påskris(ポスクリース)と言う名が付いているこの飾り。もともとは飾りのない木の枝(カバノキ)だけで、イエスの苦しみの象徴として互いの体を叩き合ったとのこと。そうすることで同時に健康や幸運のおまじないにしたのだとか。それが時を経て叩き合う習慣は消え去り、いつしか飾りをつけるようになったそう。飾りは羽だけではなく、卵のオーナメントだったり、ニワトリやヒヨコの手作りフィギュアだったり。言わばクリスマスツリーのイースター版だとか(情報、写真ともにWikipediaより https://sv.wikipedia.org/wiki/P%C3%A5skris)。

ただこの羽飾り、最近になって生きている鳥からむしり取られたものが使用されていることが発覚。しかもスウェーデン国内の鳥たちではなくアメリカや中国の鳥たちが犠牲になっているとのこと。これを受けて、飾りはプラスチックの物で代用し、本物の鳥の羽を買うのをボイコットする動きが全国で出てきています。南スウェーデンの都市、ルンドでは市全体をもって鳥の羽は使わない宣言もしています。

カラフルで可愛いな~なんて何気なく眺めてましたが、悲しい裏側があった模様。これで鳥たちの受難も終わると良いのですが…。



謹賀新年

その他 共通の話題など Posted on Jan 03, 2016 16:27:12

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2016年は、雲の間からうっすらと日差しも見える穏やかな幕開けとなりました。
…が、そう思ったのもつかの間、2日から一気に気温が下がり、あと1週間ほどゼロ度を超えない日々が続くようです。12月が暖かかっただけに、この落差はびっくりですが、冬はこうこなくては!

今日も少ーし青空が。これだけでも幸せな気分になる暗い真冬の北欧。でももう折り返し地点は超えました。夏至に向けて、これからは毎日5分ごとに日が長くなります!



この夏最高の暑さ

その他 共通の話題など Posted on Jul 02, 2015 18:22:25

ここ数日間よく晴れています。
気温もぐんぐん上がり、週末には30度を超えるとか超えないとか。
20度を超えると「夏日」のこの地域において、30度を超えるのは未知の世界に近い・・・?というのは言い過ぎかもしれませんが、滅多にないことです。

じつは先週まで8~15度ぐらいの気温で、雨が降ったり冷たい風が吹いたりずっと冴えない天気が続いていました。このまま夏が終わるのでは、と心配していた矢先のこの急激な変化。体が付いて行けません(苦笑)。
それにしても空がキレイです。



Next »