Blog Image

スカンジナビアの南端より

小さなニュースや観光名所などをご紹介します


Övedkloster ウーヴェドクロスター

スコーネ地方観光 Posted on Apr 19, 2018 11:05:34

修道院(=クロスター)と名は付いていますが貴族の館です。
建立年:1763-76
見え辛いですが、正面玄関の先には数百メートルもの並木道が続きます。

12世紀に修道院があった場所で、宗教改革後に当時スコーネ地方を治めていたデンマーク王の手に渡りました。のちに王との土地の交換により貴族領へと変わります。1700年代中ごろにRamel家の所有となり今に至ります。この邸宅を建てたRamel家の人物、Hans Ramel(ハンス・ラメル、1724-99)はBygg-Hans(建築ハンス)とニックネームがつけられるほど、様々な建築事業を手掛けた人物で、ウーヴェドクロスターは、当時スウェーデン建築界のスター的存在だったCarl Hårleman(カール・ホーレマン、1700-53)の設計図に基づいたものです。
              邸宅を改築した『建築ハンス』↑

インテリアも18世紀当時のまま。素敵です。

今現在もRamel家の方々が実際に住まれています。
大きなグループであれば、事前予約により建物内のガイドツアーを行ってくれます。
(写真はガイド中の9代目Otto Ramelさん)
広大なお庭や邸宅併設のカフェとお店は一般解放されています。


http://www.ovedskloster.com/



Svaneholm(スヴァーネホルム)城

スコーネ地方観光 Posted on Oct 11, 2017 17:54:56

スコーネ地方南の方に位置するSvaneholm(スヴァーネホルム)城
デンマーク貴族により1530年ごろに建立。
お城の周りにはSvaneholm=白鳥の島の名の通り、白鳥たちが住む湖も。
かつてはお堀のように四方が湖だったそう。
現在は博物館として一般に開放されています。
http://www.svaneholm.com/
ちなみにこのお城があるSkurup(スクールップ)市は、『ニルスの不思議な旅』の出発点にもなった場所としても知られています。
道路脇にはガチョウに乗って旅するニルスの像も。
(画像はこちらhttps://www.skane.com/sv/skurup-livskvalitet-och-utmarkt-affarsklimat からお借りしました)



マルメ・ライブ

スコーネ地方観光 Posted on Jan 10, 2016 17:19:05

2015年5月にオープンしたばかりの「マルメ・ライブ(Malmö Live)」。

写真手前からホテル、会議場、コンサートホール。さらに隠れて見えない後方部分には事務所ビルやマンションが建っており、全て合わせたこの区画一帯を「マルメ・ライブ」と呼びます。
(ちなみに夏の明るい写真はこちら http://photo.midt-guideservice.com/#post6)

建物の中は自由に見学ができ、屋内外に設置された芸術作品にも気軽に触れることができるようになっています。
(ロビーの一角より)

今日はガイドツアーに参加して、建物にまつわるお話をいろいろと教えてもらいました。
この複合施設が特に力を入れているものの一つがコンサートホールです。

マルメ交響楽団が本拠地として使用するホール。マルメ・ライブ完成以前に使っていたホールは、1985年にできた比較的新しいものでしたが音響はいまいち。内装もちょっとね…という評判。その教訓から学ぶべく、ホールがある程度できてから音響を調整するのではなく、音響技師と建築家が最初の段階から協力し合ってホールを作り上げたそうです。
新しいホールとあって、オーク材のとっても良い香りがしました。実際の音を聞くのが楽しみです。



路面電車

スコーネ地方観光 Posted on May 11, 2015 18:52:42

夏の間マルメで懐かしの路面電車が走ります。
マルメ城裏手の公園(Slottsparken)を通り抜けながらお堀の周りを半周するルートです。

マルメに路面電車が走りだしたのは1906年のこと。その前にも馬に引かせた馬車鉄道が存在していました(1887~)。1973年にその役目を終えるまで、市民の足代わりとして活躍しました。その後、マルメ市の博物館、そして路面電車の会マルメ支部(Svenska Spårvägssällskapets Malmöavdelning)が協会を作り(Malmö Stads Spårvägar Museiförening= MSS)、マルメ市の協力を得て路面電車の復活を実現させました。
協会のホームページはこちら(スウェーデン語のみ)http://www.mss.se/

レトロな電車が緑の中を走る姿は可愛らしくもあり、なかなか趣があります。
機会があればぜひ、お試しください。